スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ポケットのラブレター』

――離婚の際、高額の慰謝料を受取るためには浮気・暴力などの証拠を確保しておくと有利です。
浮気の証拠といっても、ホテルから2人で出てくる写真を写すようなことはプロの探偵に頼まないと難しいかもしれません。しかし、いろんな所に証拠は転がっているものです。ご主人のポケットに2人分のディナーのレシートは入っていませんか? 携帯・スマホのメールやラインでのやりとりは宝の山です。最近ではフェイスブックに不倫相手と仲良く撮影した写真を載せている人もいますから、配偶者のフェイスブックだけでなく不倫相手のものも要チェックでしょう――
「ふーん、なるほどね」典子はパソコンの画面を見ながらつぶやいた。
 結婚して8年、夫の芳人とはすれ違いが多くなっていた。
「最近芳人の帰りが遅いのは、本当に仕事が忙しいせいなのかしら……」
 そんなことを考えていると、玄関のインタフォンがなった。
「あら、今日は早いのね」
「あぁ」
 芳人は返事をするのも面倒くさそうにネクタイを外し始めた。
「ごはんにする?」
「いや、食べてきた。風呂にしてくれ」
 典子は風呂の支度をして、パソコンに向かった。夫はテレビドラマを無言で眺めている。しばらくすると風呂が沸いた。夫は何も言わずに、スーツを脱ぎ捨てて風呂に入っていった。
 典子は、スーツをハンガーに掛けようとして、先ほどのホームページの記事を思い出した。スーツのポケットに手を入れると1枚の紙が出てきた。小さなメモ用紙に1文字だけ「あ」と印字されている。
(何なの、これ)典子は不審がりながらも、何かの証拠になるかも知れないと思って、メモ用紙をこっそり電話機でコピーしてから夫のポケットに戻した。
 翌日。典子は夫が風呂にはいるのを待ちかねるようにしてポケットを探った。
予想通りと言うべきだろうか。「い」と印字されたメモがあった。
(あいうえお? いやそんなわけないわよね。明日はきっと「し」に違いないわ)
 そのようにして6日がたった。メモ用紙のコピーは、「あ」「い」「し」「て」「る」「の」と揃った。
(やっぱりね。でも、これだけでは相手が分からないし……)典子は浮気を確信しながらも、もう少し様子を見ることにした。
 翌日のメモは「り」だった。
(あいしてるのり? どういうこと?)典子はこの文章がどう続くのか、浮気に対する怒りも忘れて、興味を感じ始めていた。
 更に翌日、メモは「こ」。
(あいしてるのりこ、えっ! そう言えば今日は結婚記念日じゃない。このメモは芳人から私へのメッセージだったのね)。
 典子は、風呂から出てきた芳人に抱きついた。
「ありがとう。メモ、全部見ちゃったわよ。あなたがこんなに愛してくれていたなんて……」

 芳人は、突然の妻の行動に驚いて、焦る頭で考えていた。
(明日からの「ん」「し」「て」のメモをどうやって隠そう)。
                                         (了)


公募ガイドで阿刀田先生のコンテストが始まるようです。
阿刀田高のTO-BE小説工房
で、久しぶりに書いてみたのですが、いつの間にか締切が過ぎてしまいました。
仕方ないので、ここで公開します。
テーマは「ポケット」と「浮気」。
普通に考えると、僕のようにポケットから浮気の証拠が出てくる話になると思うのですが、そうしない方がいいのかもしれません。

ともあれ、次は提出できるように頑張ります。

【2月25日追記】「ゆっくり生きる」のはるさんが朗読してくれました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お願いします

わ~い! 平渡敏さんの久々の作品ですね。
そっかあ~、投稿用だったんですね。
代わりになんてオコガマシイのですが、
私に朗読させてもらえませんか?どうぞよろしくお願い致します。(._.)ペコリ

ありがとうございます

はるさん、ありがとうございます。
ひっそりと更新したのですが、見つけて頂けてうれしいです。
朗読、ぜひよろしくお願いします。
プロフィール

hiratobin

Author:hiratobin
平渡敏(ひらとびん)のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。